スマートパチスロ(スマスロ)とは!?
スロット6.5号機・機種一覧・導入日


  1. TOP
  2. スマスロとは!?

11月21日以降に登場予定!!

6号機の登場から約4年。冬の時代が続いたパチスロだが、2022年11月21日からパチスロ復権の起爆剤となる「スマートパチスロ(以下、スマスロ)」が登場する。



専用ユニットで枚数を管理し、出玉情報をオンラインで監視するスマスロは、不正対策や依存症問題への対応として業界側が開発を続けていたもの。

ファンにとってはもちろんそういった面も重要だが、さらに気になるのはスマスロでゲーム性がどう変化するのかだろう。

スマスロとは!?

スマスロの注目ポイントは3つ



@コインレスへの変更

スマスロは貸し出した分のクレジットが直接台に記録され、獲得したコインも台に記録。ヤメる際は、計数ボタンを押すと獲得したコインをICカードに移すことができる。計数ボタンを1回押すと1枚移せ、長押しすれば高速で移すことができるぞ(ヴァルブレイヴは5000枚を約30秒で計数可能)。

A有利区間の上限ゲーム数が撤廃

スマスロは6.5号機に該当するが、有利区間の上限である4000Gが撤廃。有利区間が強制的に切れるタイミングが減るため、今までよりゲーム性の幅が広がるぞ(差枚数2400枚の上限は残る)。

B最大出玉19000枚到達でコンプリート機能発動

コンプリート機能発動時は遊技停止状態となり、発動後は遊技が出来なくなる(コインの計数は可能)。ただし、発動条件が最大出玉19000枚到達なので、基本的に気にする必要はないだろう。

スマスロの遊技性

主な変更点



@有利区間2400枚をMY管理から差枚数管理に変更【メダル・スマスロ共通】

A有利区間であることを明示するルール(有利区間ランプ)を廃止【メダル・スマスロ共通】

B有利区間ゲーム数の延長【メダル機】及び廃止【スマスロ】

一撃万枚の出玉が復活!?



依存症対策として突出した出玉防止のために搭載(スマスロ以外の機種にも搭載)されるコンプリート機能。到達すると遊技停止状態になり、その旨は事前に遊技者に報知されるとのことだが、実際に気にする場面はほとんどない模様だ。

コンプリート機能補足 コンプリート機能は、その日の出玉の最低地点から19000枚出ると発動。たとえば、最大のマイナスが1000枚だった場合は、出玉がプラス18000枚に到達したタイミングで発動する。

スマスロ機種一覧

スマスロ機種の導入日は、2022年11月21日以降予定されいる。現在、導入予定の機種は、スマスロリノヘブン・Lバキ 強くなりたくば喰らえ!!!・HEY!エリートサラリーマン鏡・パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴだ。

2022年11月

スマスロリノヘブン メーカー:山佐ネクスト
導入日:2022年11月21日
Lバキ 強くなりたくば喰らえ!!! メーカー:平和
導入日:2022年11月21日
パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ メーカー:SANKYO
導入日:2022年11月21日

2022年12月

HEY!エリートサラリーマン鏡 メーカー:パオン・ディーピー
導入日:2022年12月5日