神との7聖戦
第1戦 四帖半

  1. TOP
  2. 神との7聖戦TOP
  3. 第1戦 四帖半

●第1戦 四帖半(前半)

俺は激怒した。

ことの発端は、編集部の帰り道にモンキーターンで8万負けて人生の不条理さからくる偏頭痛を我慢しながら出社したその時に編集長が放った一言だった。

「あ、キミ、神7に選ばれたから。」

イワイ編集長が敏腕なのは当然知っていたが、まさか秋元氏とツーカーとは知らなんだので驚愕した。

一介の、しかも末端の、ヒゲ面のマンガ編集者をAKBのメディア担当にねじ込むとは。

はは〜ん、もしや狂ったか。
日々の激務と自由すぎる部下たち、そして思うようにコトが運ばない戦国コレクション(モバゲー)。

これら諸々のストレスが強靭な精神力と天下取りの手相を持つイワイ編集長の心を蝕んで妄想が現実の境界線を侵食したのだな。そうに違いない。

ここは相手を刺激するとマズい。適当にやり過ごすのが最も適切な手段だぜ? と脳内会議にて決定した俺は「あは。わかりました」と答えた。

その適当すぎる返事が引き起こしたのは、俺がAKBに新メンバーとして加入することではなく、劣悪な条件の実戦企画に巻き込まれるという結果だった。

そんで。
よくよく話を聞いてみると神7の実戦人として選ばれているのは超速!!必勝本に在籍するしゃっくだという。

しゃっくという男は経済観念が完全に破壊しつくされた一種のサイコ野郎を主人格とし、他に23の人格を持った多重人格者なのだからやっていられない。

大体において周囲の人間の憐憫を糧に生きながらえる様は見るに堪えないものがあるし、それはかつての自分を見ているようで気分が悪い。

ここはひとつ理路整然と企画の不当性を主張し、何とか自分に火の粉が降りかからぬようにするべきだと考えた俺は「あの〜やっぱヤメたいんですけど、なんか嫌な予感しかしないし…」と編集長に持ちかけた。ら。そしたら。

「ほほう。逃げるのか。」だと。

そして
「このチキン野郎。」だと。

俺は激怒した。

この、勇気と慈愛に満ち満ちた、黄金に輝く魂が見えないのかと。

「四帖半」というなかなかに昭和な、貧しい響きを持つ忌み名を与えられてなお、笑って済ませるほどの度量を持った俺でも聞き捨てならない言葉が「チキン野郎」であるからして即座に俺は返答した。「ああ、やってやんよ! やってやるともさ!」

やると決まったからには勝ちに行く。
日程をズラしたノリ打ちで実戦をしろという命令に従い、俺は雌伏の時間をイメトレに充てた。

GODの引き方。
赤7の引き方。
EGの伸ばし方。
店員のドル箱別積み要請に対するスマートな対応。
GG確定画面で食事休憩を取らぬようにするなどの周囲に対する細やかな心遣いの再確認。

人は言うかもしれない。そこまで自分に厳しくしなくても、と。

だがそうではない。
神を討ちに行こうなどという大それた計画には準備し過ぎるということはないのである。

ただし、設定差などの解析数値やモード示唆演出などが掲載された記事には一切目を通さないという男らしさも、もちろん俺は忘れない。

とにかく、そういった修練に明け暮れていたある日、先行して実戦を行ったしゃっくが編集部に帰って来るなり、こう言った。

「四帖半さん、僕勝ちました!」

そうか、でかした!
お前みたいにカワイイ後輩初めて見たよ。これで少しは俺の重すぎるプレッシャーも薄らごうというもの。聞けば29000円ほど勝ったという。

つまり俺が最悪10万負けの憂き目にあっても1人35500円負けになるワケだなと、算盤3級の実力をいかんなく発揮し計算していると、しゃっくは見たこともない禍々しい顔つきで「絶対に勝ってくださいねぇ」とくぐもった声を出したので、俺は少し恐怖した。

じっとコチラを窺うように見ている。もしかして人格が交代したのかもしれない。

「そりゃもちろん頑張るよ」

俺は自分の声が震えるのを自覚しながら言った。

すると目の前のしゃっくの顔をした何者かが続けて「あ〜あ、先輩なら先輩らしく『勝った金は自分のにしなよ』とか言ってくれるのかと思ったんですけどねぇ」などと言う。

さらに「どーせなら出ノリにしてくれてもいいですよぉ?」なんて言いやがる。

「いやでも、ほら、ノリってのがルールだから」と俺が正論を口にすると「そんなの、どうとでもなるじゃないですか。あっわかった怖いんだ。1人で10万負けるのが怖いんだ。このチキン野郎」

俺は激怒した。

「よーし、わかった。出ノリにしてやるよこの野郎」

その言葉を聞いた郡山(俺が付けたしゃっくの中の別人格の名前。金に汚い謀略家。)は「えっ! マジですか! 先輩カッコうぃ〜〜」と邪悪な笑みで顔をほころばせるのだった。

帰宅した俺は、万枚出してお前の目の前に札束積んだるわ! と自室のベッドで枕に顔をうずめて叫んだ。

そしておもむろに過去のパチスロ7と必勝本のミリゴの記事を猛勉強し、怒りに身を震わせながら翌日の実戦に備え眠りについたのだった。

後半へ続く。


●第1戦 四帖半(後半)

実戦当日――。
開店時間である10時ぴったりにホールに向かう俺。

しゃっくの中の別人格(郡山)による挑発を受けて帰宅する途中に、実戦地である当店のミリゴのシマを下見するという孫正義も真っ青の念の入れようで、狙い台は完全に絞ってある。

その日全く出ていない865ゲームヤメの台。
上げてくるならコレ。
据え置いてくるなら天井も視野に。

これこそが俺の神7実戦の初戦を飾るに相応しい台である。勝ちは約束されたようなものだ。

ホールに到着すると何やら様子がおかしい。

ミリゴのシマにはすでに3人ほど先客がいて、そのうち2人がGG消化中。

表示器を見ると3回目、5回目………なんだコレはどういうことだ俺の狙い台もなんか全部が鋭角で構成された髪型の、ウシジマくんに出てくるみたいな怖い兄ちゃんが打ってる。

わからない。怖い。
もしやと思い店員に聞くと「ああ、うちは9時開店ですよ」だって。

半年以上通ってて知らなかったよ俺。マジか。

全ての計画は頓挫した。
こうなったら狙い台でも何でもないが前日2番目にGG回数の少ない、まだ誰にも回されていない1台に座り実戦を開始することにした。

即座に切り替えるあたりが、俺の精神力が並ではないことを物語っている。

朝イチ、いきなりの奇数テンパイが頻出し、のみならず奇数ハサミ目(151とか)や奇数順目(345とか)などのかなり強めの出目までもが出現し、俺のテンションを盛り上げるが、早い食いつきはナシ。

しかしそんなことで嘆くようなヤワなハートはしていないのでタンタンと投資をする俺。

しかし、休みの日にこんなに早起きするの久々だから眠くなってきたなぁとか思ってた25000円目、突如として図柄巨大化演出が発生して。

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略

嗚呼やはり俺くらいになると初当たりも赤7とか引いちゃうんだよね、ココから怒涛の連チャンが7000G終わらないのだろう、そうに決まっている。と一人ニヤツキながらGGを消化すると単発。

しかしそんなことで狼狽するようなチャチな器ではない俺。

涼しい顔でその150枚ほどの出玉をノマせ、スムーズに追加投資へ移行すると、追加わずか7000円。

ザワつく演出が続き、心臓演出からGG確定。

特にアツいフラグも引いていないので、いわゆる謎GGである。しかもそのGG画面のステージがポセイドン。

これはもう完璧にもらった。高設定である(断言)。

ここからきっと怒涛の連チャンが6000Gくらい終わらないのだろう、

そうに決まっていると思いつつ打っていると4連(中途半端)。

1000枚弱の出玉を手にして終了してしまったが、はっきりとした上乗せ告知がゼロでの4連は悪くないハズである。

しかも終了後の神殿ステージで明らかに上位モードであろうという377とかV5Vとかブラックホール1G終了とか出まくった挙句に、炎演出→ハズレが4連続してGG告知。

終了から83Gなのでストック潜伏の可能性は限りなくゼロ。

しかもレア役も引いてないのでまたもや謎GG。天才である。

ここまでくると我ながら少し嫌味すら感じてしまう。

こんなに簡単に高設定をツモってしまうと、当コラムを読んでいる読者諸兄にパチスロって簡単なんだなといらぬ誤解を招いてしまう。

パチスロ攻略漫画誌の編集に携わる者としては、パチスロの面白さ、そして厳しさをも知ってもらうのが務めでもあるのだよ…と若干の職業上の倫理感に苛まれつつ迎えたGZが終わり、神殿から転落し、たまーーに偶数が揃う3桁の数字を600回くらい見た頃、俺の下皿にはコインが4枚くらいしかなくなっていたという。

…伝聞風に書いてみても現実は変わらないもので、うおっ。何これノマれた。とか一人つぶやいていたら、リプレイが3連した。

ふふ。ふはは。何を隠そう俺ってばリプ4連が3度の飯より得意ですから。

この感じ。ノマれる寸前にドラマを用意してくるこの感じ。

神はなかなかに劇作家としての才能を持っている。

ここは次ゲーム、リプを必ずや揃えて、主演俳優としての責を果たさねばならない、そう心に決めてレバーを叩いたら。

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略

枠揺れとるがな。
ほぼ押し順黄7じゃん。しかもホントに押し順黄7じゃん押してみたら。

そうは言っても演出矛盾的な感じでリプ揃うかもとか思ってた俺がピエロじゃん。それに何? リプ3連なんか最初からなかったくらいその後も静かじゃん。怖い。

でも、アレだから大丈夫だから俺、また追加投資した(片言)。

ほんだらちょいと天井を意識し始めた1012GでGG。当選契機は多分中段リプ。累計の投資は算盤3級なので48000円。

そんでね、単発。獲得枚数は134枚。

………っおい!! やべえ。
これはやべえ。多分低設定。多分1。

初当たりの4回中3回が単発。一刻も早く離脱しなければ、ここから。

そう思い周囲を見渡せば満席じゃないか。本格的にヤバいじゃないか。

普段ならここでヤメて他の機種とか打つところだけどこれは神7。

地獄のルールが設けられた非人道的実戦企画である。しかも郡山(しゃっくの別人格)の謀略により俺は出ノリ。

分が悪すぎる。
ブラックジャックでも「わたしゃね、神じゃないんだ。何でもかんでも出来ると思ったら大間違いですよ」って言うレベル。

でも打ったよ。ルールだから。
そしたら679Gでリプ3連引いて、4連はできなかったけどすぐGG当たった。

リプ3連で当たるってことは何なの? 高設定なの?

累計の投資額はもはや68000円。中央線沿線の1kくらいのフローリングのアパートの家賃である。

フローリングで小奇麗にしてりゃあ彼女が出来ても恥ずかしくて部屋に呼べないなんてこともありますまい。そんな金額である。そんで単発である。

もう無理。
もう…無理ですよ?

焦燥感に脂汗をかきながらキトキトになっていると、隣でお座り4ゲームでリプ4連させていた(マジ)グレーのパンチパーマが似合うおじ様がおヤメになられた。

即移動。
結局、当初高設定だと確信していた1台目で72000円を費やしGG8回という眩暈がするようなデータだけを収穫するに落ち着いたワケだが、2台目こそは高設定である(断言)。

何故なら、おじ様は初当たりこそ悪魔的なヒキを見せつけていたが、その後はいたっておとなしいヒキで、にも関わらずGGの初当たりは良好、連チャンも上々という理想的な挙動を隣で打っている俺に示していたのだ。

こいつは今度こそもらった。そう思わなきゃやっていられない。と2台目を打ち始めた直後、ボタンプッシュ演出からステージ移行で神殿へ。

これは!
神殿移行後5ゲームほどでブラックホール演出が発生。

4ゲーム継続(GG確定)した時点で投資はわずか3000円(累計は75000円)。

きっとあのパンチパーマのおじ様は神様に違いない。

ホールの神様。それはそれはきれいなパンチパーマやったもんなぁ。ありがたい話です。

そんでそのありがたいGGの1セット目で。

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略

ありがとうございます。生涯2度目です(少ない)。

とりあえず2セット目が終了し、緊張のGZも抜けてしまった121G目にGG確定。

首の皮一枚で繋がったと胸をなでおろした3連目が。

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略

もらった。
謎GGがもう4連。

これはもう完璧に高設定であるに違いないといっても過言ではないどころかむしろ奥ゆかしい。

これは6である。
6であるに決まってるし、そうでないと75000円が取り返せない。
お願いします。6で。

このゼウスステージ中に神の雷から中段黄7を引き、告知はなかったものの次セット(4連目)で右上がり黄7から上乗せ告知。

そして次セット(5連目)で終了。

1257枚。…ってことはゼウスステージ中の神の雷で中段黄7のヤツは乗ってねぇのかよっ!

と、さまぁ〜ず三村なら絶対しない長めのつっこみを台にかましながらも、まぁ高設定は濃厚なんだからこれからこれから、つって打ってたらノマれた。

ウソだろ…。
なんでこんな目に遭うのよ俺みたいに善良な市民が。テレビクルーが日常を隠し撮りして全国に放送したらほとんどの視聴者が好感を持つほどの慎ましく、それでいてユーモアと愛らしさを忘れない生活を送るこの俺が。なんでだよっ!!

700Gちょいで全ての出玉を失った俺は今日はじめての飯を食いに店を出た。駅前の立ち食いソバ屋でエビ天丼セットを食った。ソバはのびていた。まずかった。

もう終わりだ。
75000円なんて取り返せない。

そもそもミリゴで1000枚出すのだって結構難しいもの。

俺みたいなもんにGODが引けるはずもないし死にたい。

しゃっくさんに謝ってノリ打ちにもどしてもらうしかない。

だって、それがルールなんだし俺は間違ってない。

そりゃ男が一度口にしたことをくつがえすってのはあまり見てて気持ちのいいものじゃないかもしれないけども、変化を恐れていたら人間の進歩はなかったことを忘れてはいけない。

古い既成概念に囚われず、新たな一歩を踏み出さないといけないのだからノリ打ちにもどしてほしい。

明日、編集部に行ったら誠心誠意話してみよう。しゃっくさんクラスになれば意外とあっさりと了承してくれるやもしれぬ。俺にはもうそれしか希望が無い。

口直しにコ―――――ヒ――――を飲みながら(コーヒーはそんなに伸ばす必要ないんだけど、そんくらい俺が投げやりになってるってことです)、不毛の荒野を映し続ける台に再び座り、残りの25000円を使い切ればこの地獄から解放されるのだからと死んだ魚のような目をして機械的にレバーを叩いていると、940G付近で中段黄7、中段リプ、通常SIN2ゲーム連続、そんでまた通常SINと立て続けにレア役。

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略

2G連続SIN

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略

とんでもなく当たりそうな出目も液晶上に止まり、さすがにこれは当たっただろうと高をくくっていたらばスルーした。

呆れた。
このダボは散々ヒトをコケにしやがってこの野郎。

俺がゴリラだったらフルスイングでウンコを投げつけて威嚇のためにドラミングしてるところだよ、この金ぴかブタ野郎っ!

もうこうなったらアレだ。天井だ。

前に天井から入ったGG2セット目にアメージンググレイス(残り10セット確定)かましてた人も見たことあるし、それに賭けるしかねえ。

今1300Gだから、あと1万もありゃあ天井に届く。そう思ってはたと気がついた。

現在総投資額95000円。

足りない。
10万オーバーする。
これは何?

でも、こんなもんヤメられるはずがないので10万超えても打つよ俺は絶対に。

誰にも文句は言わせない。
俺は天井に行って天上人になるんや!

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略


バカ――――っ!
なんっにも引いてなかったじゃん!

なんで当たるのよ、もおおおおおおおお。ひっひっふー。ひっひっふー。もうダメ。生まれる。怒りと憎悪の化身が。

この世を闇で覆いつくす恐怖のアレが。

これが単発なら元気玉出す。
そんでこの店ぶっ壊す。


つーか、この野郎、単発でした。

終わって直後の神殿中に右上がり黄7からまたGGに入ったので元気玉は我慢した。

でもそれも単発だった。

えへへ。もうこれノマして、残りの金4000円使えば10万使い切るからそれで帰って寝よう。寝て全て忘れよう。

そう思い、もう何ものにも感情を動かされないレオナに出会う前のロビタのように粛々と職務を全うしていき、最後の1000円をサンドに入れ、最後の3枚でレバーを叩き、ボタンを押す。

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略

これさ、なんの変哲もない写真でしょ?

…でもこれ雷演出出てるんだよね…。つまり雷演出で奇数テンパイせず…上位モードが疑われる挙動なワケだよね。そりゃもうちょっと打つよね。

そしたら何か強い目が結構出た。
遅れでハズレも出た。

第一停止で液晶に7が止まった時は人目もはばからず台に祈りを捧げて第2を止めたものです。

そして気付けば
ゲーム数は700を超えていた。

俺は考えた。
もう負けは確定だ(当たり前)。

せめてゴッドが引けたなら、俺の心も晴れるけど、そんな願いは叶わない。

ならば7を3つ揃えることで、実戦終了に華を添えようと。

ミリオンゴッド / パチンコ・パチスロ攻略
(C)MIZUHO これが俺の神7なのだから。

ありがとう、さようなら。
ここまで読んでくれたこと、感謝します。

ミリゴで116000円負けたその後、天下布武2で29000円負けたことを追記し、結びとしたい。


【実戦DATA(1台目)】
_571G GG(赤7)×1
_321G GG×4
_183G GG×1
1002G GG×1
_411G GG×1
_679G GG×1
_268 ヤメ

【実戦DATA(2台目)】
(390G〜)
_453G GG×5
_219G GG×1
1301G GG×1
_777G ヤメ

【TOTAL DATA】
総ゲーム数…6495G
総GG回数…16回
投資金額…116000円
獲得枚数…0枚
換金額…0円
収支…-116000円

【おまけDATA】
天下布武…-29000円
エイリヤンビギンズ…+4000円
TOTAL収支…-141000円