基本スペック
[忍魂参 〜奥義皆伝ノ章〜]
  1. TOP
  2. 忍魂参 〜奥義皆伝ノ章〜
  3. 基本スペック

※編集部調べ


基本スペック
設定 初当たり 機械割
1 1/368.7 97.8%
2 1/362.9 99.1%
3 1/352.4 101.4%
4 1/334.4 105.5%
5 1/318.1 108.5%
6 1/305.0 112.0%


2024年3月18日導入



「ゲーム数上乗せ」というゲーム性を世に浸透させた初代『忍魂』導入から早15年。忍魂シリーズ最新作がスマスロで登場の刻を迎える。



大都技研がリリースする『忍魂参 〜奥義皆伝ノ章〜』は純増約2.0枚/GのAT「月光ノ刻(50G+α継続)」を搭載しており、レア役を引けばゲーム数上乗せ・ボーナス当選のチャンス(重複当選の可能性もアリ)。



また、AT中は「奥義目を狙え!」カットインが発生→中リールに「青7・チェリー・青7」が停止すれば『神速状態』に移行。



神速状態はゲーム数で管理されており、1Gあたりの純増枚数が約4.5枚にアップ。消化中はレア役成立時にATゲーム数上乗せ抽選が行われるほか、奥義目or忍目(※)入賞で神速状態ゲーム数上乗せ濃厚となる。また、神速状態中はレア役成立時のボーナス当選期待度もアップしているぞ(神速状態中はATゲーム数の減算ストップ)。

※押し順ナビ→ベルテンパイハズレ目




AT終了時は「再廻ノ試練(15G継続)」に移行する可能性アリ。消化中は上位AT「真神速」突入抽選が行われる(期待度は約52%)。




そして、上位AT突入前は必ず特化ゾーン「バレルCRASH」を経由。特化ゾーン中は初代『忍魂』から大チャンスでお馴染みの「メカバレル演出」が大量発生し、撃破するたびに上位ATゲーム数上乗せが発生するぞ。

なお、上位AT「真神速」の出玉性能は神速状態と同じで、1Gあたりの純増枚数は約4.5枚。また、上位AT後も「再廻ノ試練」に移行する可能性があり、「上位AT」「バレルCRASH」「再廻ノ試練」の3つが織りなす"疾風ループ"が大量出玉を生み出すのだ!