AT「ハザードラッシュ」解説
[パチスロ バイオハザード RE:2]
  1. TOP
  2. パチスロ バイオハザード RE:2
  3. AT「ハザードラッシュ」解説

※編集部調べ


●AT「ハザードラッシュ」解説



【基本性能】
純増1.0枚/G
ゲーム数管理型
40G+α(上乗せぶん)継続
消化中のボーナス当選率は約1/59

AT「ハザードラッシュ」の性能は上記の通りで、消化中はボーナス当選を目指すことになる。ボーナス当選時は「パンデミックチャンス(※)」を経由してからボーナスに突入するぞ。

※詳細は別ページ「パンデミックチャンス解説」参照


また、AT中のボーナスは当選時点で10G以上の上乗せ確定となり、ボーナス消化後に告知が発生する。

『ボーナス抽選契機』
[1]レア役成立時
[2]ハズレ累計5回出現時

AT中のボーナス抽選契機は2種類となっており、当選時は前兆を経由してから「パニックフリーズ」や「違和感演出」が発生して告知される。なお、パニックフリーズは様々なタイミングで発生する可能性があるぞ。



ちなみに、ハズレの累計出現回数は液晶下部にある窓の枠で察知できる。

AT中はハズレを引くたびに[1][2][3][4][5]の順番で枠が点灯していくぞ(上の写真の場合はハズレ累計3回)。


●ATモードについて



AT中はボーナス抽選に影響する「ATモード」が存在し、通常A<通常B<高確<超高確の順でボーナス当選率がアップ。

なお、AT中のステージはATモードを示唆(※)。実戦上、「ボーナス当選時のステージ」と「AT中にボーナス当選→ボーナス消化後のステージ」が異なるケースを多く確認できたため、ATモード移行抽選はAT突入時とAT中のボーナス当選時に行われる模様だ。

※詳細は別ページ「AT中ステージ解説」参照


『ATモード昇格抽選について』
AT中は内部的に「規定リプレイ回数(※)」が抽選され、リプレイが規定回数まで成立すると必ずモードが昇格するぞ。

※振り分けは最大10回まで可能性アリ


ちなみに、超高確中に規定リプレイ回数まで到達した場合はボーナス抽選が行われる。


●ATレベルについて

AT中は内部的に4段階のATレベル(1〜4)が存在し、上位ほどATモード振り分けが優遇される。

なお、ATレベルは初当たりボーナス突入時点ですでに抽選されているぞ。