基本スペック
[犬夜叉2]
基本スペック
機種タイプ 1種+2種混合機
小当り確率 1/99.9
大当り確率 特図当り 1/319.7
右打ち中 1/5.7※1
ストックタイム
突入率
小当り→
役モノ突破
100%
ストックタイム
継続率
約79%※2
大当り
実質継続率
86.3%
役モノ突破率 1/3.5※3
遊タイム 非搭載
総払い出し
玉数
実質3R 450個
実質9R 1350個
アタッカ―詳細 賞球15個・10カウント
賞球数 ヘソ 1個
電チュー 1個
その他 1or3個

※1…全ての小当り合算値

※2…2連目以降・ラストチャンスの引き戻し込み

※3…独自調査値



2022年9月上旬導入



デジタル×役モノによる抽選と、その先に待つ時短「ストックタイム」の期待感が興奮を呼ぶパチンコ『犬夜叉 ジャッジメントインフィニティ』のゲーム性を受け継ぐ新作『P犬夜叉2』が登場。進化した役モノと出玉増加システムが白熱の勝負を演出する!



本機は1種2種混合タイプ、そしてデジタル×アナログ混合のゲーム性で、役モノとストックタイムで大当りや連チャンを管理している。

出玉増加のメインとなるストックタイムは、主に1/99.9の小当り(液晶では最終決戦図柄が停止)時に発生する役モノ抽選「最終決戦チャレンジ」クリアで突入するぞ。



小当り後に発生する「最終決戦チャレンジ」は、役モノを使用して大当り&ストックタイムを狙うアナログ抽選。最終決戦図柄停止後は必ず右打ちで右アタッカー(役モノ)に玉を入賞させよう。

役モノ「新型ジャッジメントクルーン」は、ハズレ穴に入らない限り何度でも復活する前作の特徴を継承。両脇のフィンに弾かれた玉が奥の回転体を経由し、手前で左右に可動するVゾーンに入れば成功だ。なお今作では、成功期待度が大幅にアップするSPポケットが追加されている。



右打ちで消化する「ストックタイム」は継続率約79%(2連目以降・ラストチャンスの引き戻し込み)の連チャンゾーン。

抽選結果を120秒の変動中や変動終了後に告知するゲーム性で、獲得したVチャンスストック(最多5個)をまとめて放出する。変動秒数を前作の200秒から短縮したことで、スピーディな消化を実現しているぞ。

今作ではストックタイム中にも役モノチャレンジを搭載。ストックを獲得できなかった際に突入する「LAST CHANCE」、大当りの上乗せを狙う「倍CHANCE」が存在する。また、特定の条件を満たすと突入する『犬夜叉暴走』は、以降のストックタイムも含めると期待出玉9000個オーバーだ。



「ストックタイム」中の演出タイプは、120秒内のどこかでVストック告知が発生するチャンス告知と、最後のバトルでストックの有無を告知する最終告知の2種類。好みのタイプを選択して消化しよう。