基本スペック
[フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2]
基本スペック
大当り確率 通常時 1/199.8
右打ち中 約1/7.6
時短突入率 100%
電サポ内容 1or7or11or99回
連チャン
期待度
時短99 ほぼ100%
時短11+
残保留4
88.1%
時短7+
残保留4
79.0%
時短1+
残保留4
50.8%
総払い出し
玉数
3R 390個
4R 520個
6R 780個
7R 910個
10R 1300個
アタッカー詳細 賞球13個・10カウント
賞球 ヘソ 3個
電チュー 1個
Vアタッカー 13個
その他 1or4個


2020年4月20日導入


シンフォギアシリーズ専用の「絶唱枠」に身を包み、「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」が遂に登場!! 初代のDNAを完全踏襲しつつ、スペック&演出が超絶進化を遂げているぞ。

スペックは初代と同じく大当り確率1/199.8の1種2種混合機で、時短突入率は100%。大半の初当り後に突入する時短1回転+電チューの残保留4個の「最終決戦」が勝負の分かれ目になるのは初代と同じで、「最終決戦」中に新たな壁となるキャロルを撃破できれば、大連チャンの期待が膨らむ「シンフォギアチャンスGX」に突入するぞ!!

「シンフォギアチャンスGX」中は、初代に比べて時短回数が大幅に進化。基本となるのは初代と同じ時短7回転だが、時短11回転と時短99回転が新たに追加されたため、「シンフォギアチャンスGX」の継続率は初代を超える約82%にアップしているぞ。なお、時短99回転は初当り時の10R大当り後にも突入し、突入すればほぼ次回大当りが濃厚となる。

「絶唱枠」にも驚きの仕掛けが満載。頭上に鎮座する「絶唱響ギミック」は主に絶唱が発生すると上昇&羽根開放し、激アツな展開を告知するぞ。また、初代では補佐的な意味合いが強かった「ギアペンダントギミック」は、新演出の「抜剣演出」の発生契機になるため、出現すれば大チャンスだ。なお、初代で好評を博した「てがみ保留」も、「てがみ保留」出現時に点灯するギミックになっているぞ。

通常時の予告は、初代から継承された「絶唱演出」「聖詠演出」「絶唱ゾーン」の3大キーポイントが大当りのカギを握り、いずれの演出も発生すれば期待度40%オーバーだ。リーチは「抜剣演出」から発展する「抜剣リーチ」に注目。発展するだけで高期待度だが、タイトルの色変化や導光板が発生すればさらにアツいぞ。なお、「絶唱リーチ」の「繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!」が、本機最強リーチとなっている。