【第1部】第15話
  1. TOP
  2. 大阪ストラグルTOP
  3. 【第1部】第15話


ヒロとなら玉砕だろうが何だろうが、どうにかなるような気がした。ヒロのFXにまたがりながら俺は言った。

「ヒロ、ほな乗れよ」

「乗れよってお前、それ俺のバイクや」

「久しぶりにお前のFX乗りたくなったんや」

「お前、めっちゃ飛ばすからケツ乗るの嫌やねんけど」

「はよー!!」

「わかったわかった」

病院ということもあり、場所を離れるまで静かに走らせた。病院を出て5分ぐらいしたところにある自販機で急にバイクを停めた。

ヒロは不思議そうに俺の顔を覗き込んだ。

「なんか飲むんか?」

「いらんいらん。ちゃうやん。金子の家なんか知らんやんけ俺ら。どないしたもんか思ってな」

「ホンマやな」

勢いだけでバイクを走らせるも、感情を高ぶらせすぎた2人は肝心のことをスッカリ忘れていた。

「あっ!! 和美さん知ってるわ!! 地元同じや言うてたわ!!」

「あのセフレ姉ちゃんか」

「シバくぞお前!! そんなんちゃうわ!!」

「じゃー、ヤッてないんか? ん?」

ヒロはニヤニヤしながら俺のわき腹をつつく。

「筆下ろししてもろたんちゃうですか?」

「アホちゃうかお前」

「やっぱり年上やし上手いんか?」

「黙れ」

「教えてくれてもエエやんけ、ケチ」

「そんなアホなことは今どうでもエエねん」

「へいへい。ほったら、さっさとあの姉ちゃんのとこ行って金子の居場所聞こうや」

そう、そうすれば話は早い。

「んー、そうしたいんやけどな…」

「なんやねん生理中でイラついてんのか」

「黙れって」

「なんやねん、喧嘩中か?」

「ちゃうんや。金子とは絶対に関わるな、って念を押されてるんや」

俺は和美さんの懇願するかのような視線を思い出していた。

「なるほどな、困ったの〜。金子の地元に乗り込んで悪そうなん捕まえて聞くか?」

「原始的やな〜発想が……でもそれは俺も今思ってたとこや」

「ほな決定〜」

こうして基本的な計画が立案された。金子の地元で暴れる。金子がお出ましする。金子を潰す。完璧や。


地元からバイクを走らせて30分が過ぎた頃、バイクの後ろに乗っていた俺はヒロにこう叫んだ。

「おい! そこのコンビニ入ってくれ」

俺の目の前にあるヒロのメットが小さく頷く。1号線沿いのコンビニでバイクを停めた。

ヘルメットを脱ぎ、サイドミラーを覗き込みながら乱れたヘアースタイルを手で必死に戻すヒロ。

「なんやタケシ、このまま突っ込むんちゃうんか?」

「お前はアホか?」

「なんやねん」

「金子の居場所も家も分からんねんぞ。とりあえずもうこの辺から八幡や。闇雲にバイク走らせてもガソリンと時間の無駄やろ」

「だからよ、作戦通りにその辺の悪そうなヤツに聞いて行こ」

「俺もそうやって考えてたんやけど、今日は平日やろ、プータローぐらいちゃうか、この時間おんのは」

「ちょうどエエやんけ。どうせ金子もその類いやろ」

俺らはコンビニの前でしばし待った。

「おい、タケシ。主婦とおっさんしか来ーへんのか? このコンビニ」

「ホンマやで!! なんやねんここ。イライラしてきたわ。場所変えようか」

「駅前の方に行こか」

「そうや!! なんでこんな国道沿いで待ってたんや、俺ら」

「お前が言うたんやないか!!」

「そうか、悪い悪い。ほな駅前に移動や。次は運転交代しよか?」

「いや、エエわ。タケシは飛ばすから」

「似たようなもんやんけ。あ〜、メットだるいわ。あっつ〜」

「あ〜、もう帰ってクーラーの下で寝たいわホンマ」

文句を言いながらもバイクを走らせ、駅前の方へハンドルをきった。

「この辺でエエか」

小さなロータリーの脇にあるコンビニ前にバイクを停めた。すぐに1人のヤンキーがコンビニへ入っていった。派手なツンツン頭が目立つ。

「アレ…いこか」

俺はコンビニから出てきたツンツン頭に声をかけた。

「なぁ〜なぁ〜、そうそう、自分自分」

ツンツン頭はゆっくりとコチラを振り返った。

「なんや…?」

「ちょっと聞きたいことあるんやけど、金子って知ってる?」

「金子、あ〜知ってるよ。それがどないしてん」

ダルそうな雰囲気でツンツン頭が答えた。突然、俺の横にいたヒロが大声を張り上げた。

「なんやお前! こっちは優しく聞いとんねん、喧嘩売ってんねやったらやったんぞコラ!!」

ツンツンも途端に険しい表情でヒロに食ってかかる。

「あ!? なんやねんお前コラ」

俺はツンツンの両肩をがしっと掴んでから、トーンダウンさせるように話した。

「自分もええから、とりあえず金子の居場所教えてくれへんか」

俺の手を振り払おうとしながら答えるツンツン。

「居場所? 知るか。あんなヤツと関わり合いたくもないからな。金子建設に行ってみろや。あそこは確か金子の身内がやってるとこやし」

「金子建設?」

「ほな、俺は行くぞ」

そう言い残し、八幡での第1ヤンキー・ツンツン頭は去っていった。俺はヒロのほうを振り返りながら言った。

「おいヒロ、喧嘩の売り方が雑やねん。まずはある程度話聞いてから…」

「どついた方が手っ取り早いやんけ。アイツの顔、なんかムカつくし」

「はっは! なんやねんそれ!! まぁエエわ。とりあえず運転変われ。次は俺や」

「事故んなよ!!」

「お前の100倍は俺の方がうまいから心配すんな」

俺はエンジンをかけ、発進させようとした。すると、ヒロが俺の体に後ろからガッチリと抱きつく。

「オイ!! キモいって!! 暑いねん!! 離れろやヒロ!!」

「お前マジで飛ばすから後ろに乗るんが怖いねん!! 行け早よ!! 覚悟はできてる」

「キモいわホンマ…。ほな行くぞ」

ヒロはキモかったが、俺は"フリ"通りにいきなりアクセルを全開にした。轟音が八幡の街に響き渡る。





大阪ストラグルTOPへ
アツいぜ
15