【第1部】第13話
  1. TOP
  2. 大阪ストラグルTOP
  3. 【第1部】第13話


「オイ、柿本!!」

少年はベッドに駆け寄り、横たわる男に声をかけた。近くにいた医者がけげんそうに声をかけてくる。

「君は……柿本君の知り合いか?」

「ツレや。どないしたんやコイツ」

医者が簡単ではあるが、ことの成り行きを少年に話した。少年は絶句していた。

医者は、「まだ眠っているようだから、また明日にでも来てあげなさい」と言い、部屋を出て行った。

少年は、痛々しく包帯を巻かれた柿本の顔を見下ろし、そして独り言のように呟く。

「お前がヤラれるって…何があってん」

すると、ベッドに横たわったままの柿本の口が動き、傍らの少年に問いかけた。

「…ヒロか?」

「柿本!?」

意識を失っているかに見えた柿本が自分の名を呼びかけたので、ヒロは驚いた。しかし、すぐにココが病院だと思い出して声を潜める。

「おい、エエって。柿本、何があったか知らんけど、ボロボロやんけ」

起こしてしまったかと思いつつも、一体何故、これほどまでの怪我を柿本が負っているのか、ヒロは純粋に気になった。まどろんでいるように見えた柿本だったが、急激に緊迫した声を上げながら身体を起こそうとした。

「マナミちゃんは!? マナミちゃん、無事なんか!?」


うまく身体を起こせずに、苦痛に顔をゆがませながらも柿本は周囲を見渡そうとしていた。

「マナミちゃんって誰や…? ただごとじゃなさそうやけど、一体何があってん?」

身体のどこかが痛むのか、柿本からの返答は呻き声だけだった。ヒロは質問を変えた。

「お前、最近タケシとようつるんでたやろ? タケシはお前がこんなんなってんの知ってんのか?」

「タケシは知らんハズや…ヒロ、今日って何曜日や?」

「えーっと水曜やな」

「じゃあまだ1日も経ってないな…俺が襲われたんは昨日の夜中やからな」

「で? お前ら一体何やってんねん。誰かと揉めてんのか?」

「お前には関係ないやろ。もう大川のことで巻き込みたくないんや」

「あっそ。マナミとか大川とか、知らん登場人物ばっかりやし、ホンマに関係なさそうやな、俺は」

そう言ってヒロは病室を出ようとした。柿本がボロボロなのは間違いないが、1週間もしたら退院する程度のダメージに感じられた。なんとなく安心して、じゃあなと片手を挙げた。

「ちょっと待ってくれヒロ!」

「何やねん、ジュースでも飲みたいんか?」

「俺はこんなんや、1個だけ頼まれてくれへんか?」

「だから何や? ジュースけ?」

「さっき言ったマナミちゃんって子の居場所を確認したいねん。電話番号言うから、ちょっと電話かけて…」

「そのマナミちゃんってのはお前の彼女け?」

「はぁ!? はぁ!? ちゃ…ちゃうわ!! マナミちゃんは大川の彼女や!!」

柿本の慌てぶりにヒロは思わず吹き出した。

「お前、もうワケわからんわ。また大川ってヤツ出てきたし。ややこしいから話せや。全部」

「金子や」

また新しい登場人物やんけ! と即座に突っ込もうとしたが、ヒロは瞬間的に不吉さを感じた。

「……金子?」

「そうや」

「金子って……もしかして八幡の金子のことか?」

「おう、そうや」

話を聞くなんて言わなければよかった。ヒロは後悔しながら気丈に笑って見せたが、顔は引きつっていた。







和美さんが仕事に出たので俺は家に帰った。早朝に起きたせいで、おかんが用意していたメシを食ったらすぐに熟睡してしまった。


翌朝、起きた瞬間から蝉の声が耳に飛び込んできたので、また今日も暑そうやな…と早速げんなりした。くっさんの家に行くかタカラホールに行くか…と考えながらシャワーを浴びていたら、たまには学校に顔を出してみるかと気まぐれに思った。

途中のコンビニでガッツリ立ち読みしたせいで教室に入ったのは2時限目の途中。先生も慣れたもんで特に何も言わない。何人かが俺のほうを振り向き、「おっ珍しい!」などと声をかけてきたが、「うっさいアホ」と笑って返しながら自分の席に座った。

座って頬杖をついた途端に、何しに来たんやろ俺…と後悔。やっぱりタカラホールに行ってれば良かったわ、とか、一昨日の夕方に柿本とマナミから聞かされた面倒ごとの顛末、などをとりとめもなく考えていると、教室から見下ろせる中庭に轟音を響かせて漆黒のFX400が乗り込んできた。

アレっ、あのバイク、ヒロのヤツやんけ…と眺めていると、案の定メットを脱いだヒロの姿が見えた。ヒロは校舎を見上げるような仕草をした。直後、がなり声が響く。

「タケシ! おるか!? 出て来い!」


中庭に降りると、ヒロが駆け寄ってきた。中華料理屋での大喧嘩の後、川原での乱闘の時にしか言葉を交わしていない。だが「気まずい」などと思う前にヒロの表情が「それどころではない」と雄弁に物語っていた。

「何やねん。何かあったんか?」

「柿本がボコられたぞ」

「誰に?」

「金子や」

「金子!? 金子にヤラれたんかアイツ」

「お前ら、どえらい面倒くさいのとモメてんやな」

「俺は関係あれへん」

俺はあくまでも無関係だということを自分に言い聞かせた。それほど金子という存在は凶暴で、関わりたくないと体が拒絶反応を起こしていた。

「柿やん、どこの病院おんねん」

「枚方大学病院や」





大阪ストラグルTOPへ
アツいぜ
16