シンディが繋ぐ架け橋(F山科)
  1. ディスクアップコラムまとめ
  2. シンディが繋ぐ架け橋(F山科)|パチスロ ディスクアップ|パチスロ
ディスクアップを打つ際に安心できる代表的な瞬間といえば、"同色BIGを引いた時"が一番に挙げられると思う。とりあえず投資は止まるし、技術介入を成功し続ければ一定のARTゲーム数獲得(DJゾーン)が見込めるのだから。

もちろん、同色BIG終了後のダンスタイム(DT)突入を決めるルーレットで、DT当選となった時もホッとする瞬間である。この台は、いかにART中にボーナスを絡めて出玉を伸ばせるか…という台であるから。

そしてDTに入った後のかけ声と共に、


(C)Sammy


シンディが登場してくれた時の安心感も相当なモノである。初当たりの同色BIG当選後に、60G以上のDTが選択される割合は約34%ほど。

だから、大抵は20G以上対応のアフロレディだったり、たまに40G以上のリーゼントマンだったりするのだが、60G以上を保証するシンディは、そのBGMと相まって打ち手に一時の癒しを与えてくれる存在と言っても過言ではないだろう。
続きを読むには
会員登録が必要となります
アツいぜ
1