勝負弱さを解消したい
  1. TOP
  2. 坂上忍のギャンブル人生相談室
  3. 勝負弱さを解消したい


●お悩み[12]

『勝負弱さを解消したい』

毎週のように競馬をしているのですが、100円単位で馬券を買う時は的中率がそこそこ高いのに、数万円単位の大勝負をすると、途端にハズれてしまいます。こんな勝負弱さを解消するためには一体どうしたらいいのでしょうか?
(30代・男性)


●坂上氏の回答



そもそも、100円単位で買う時と数万円単位で買う時の馬券の買い方が一緒なのかどうか分からないと何とも言えませんね。

荒れると予想したら100円単位で穴を手広く買う人が多いはず。逆に、本命だろうが穴だろうが「これしかない」と思った時は大きな額を思い切って突っ込みますよね。

ギャンブルの究極論を言えば、「金に勝てるか、負けるか」。それを言い換えれば、「お金を捨てられるか、捨てられないか」だと思うんです。だから、この方はまだお金を捨てることができてないんじゃないかな。馬券や舟券を「買った」と思うのではなく、お金を「捨てた」と考えるべきです。日本全国で使用可能なお金と、競馬場やボートレース場でしか使えない紙切れ。その価値といったら雲泥の差ですよね。


こういう話をすると、「じゃあ、ギャンブルは結局お金を持ってる人が勝つってこと?」と言ってくる人がいるけど、そうではありません。

ギャンブルは金額ではないと僕は思っています。全財産が100円しかない人が100円賭けるのと、100万円しかない人が100万円賭けるのは、それが「上限」という意味では同じことです。つまり、金額こそ違っても、最大級のドキドキ感を味わえるはず。


もしかしたら、この方は無意識のうちに100万円と1万円を差別化しているのかもしれませんね。たとえば、100円を擬人化すれば容姿が劣っている女性で、1万円は絶世の美女。気楽に接することができる女性を落とすことはできても、気を引こうとして媚びているようでは絶世の美女は落とせない。つまり、1万円の馬券が当たらないのは当然なんです。

…なんて偉そうに言ってますが、僕もビビることはありますよ。でも、そんな中でも「物事の順序」さえ間違えなければ自ずと結果はついてくるんです。


では、正しい物事の順序とは何か。「このレースを100円単位で買うのか、1万円単位で買うのか」というところから始めるのは間違い。当該レースの予想にどれくらいの自信があるかを理解し、そこから賭ける金額を決めるというのが正しい順番じゃないでしょうか。

初めに賭け金を決めてしまい、それによって予想や購入点数が左右されるようでは本末転倒です。数万円単位で勝負をする時は「本当に自信はあるか?」「賭け金にふさわしい高揚感はあるか?」と自分に問いかけてみて下さい。そうすれば、数万円を賭けるに値するかどうかが分かるでしょう。正しい順序を経ていれば、ハズれたとしても納得する材料が増えるんです。


人は自分の殻を破ることで視界が一気に広がり、大きく成長します。もし、この方が賭け金によって気持ちのあり方が全然異なっていたり、予想の順序を間違えていたりするのなら、それを見直すことで一皮むけ、勝負強さが芽生えても不思議ではありません。
アツいぜ
34